MENU

海外FXの約定力を徹底比較!スリッページや約定拒否が起きにくい業者ランキング

海外FXの業者選びの際に、重視するポイントは複数ありますよね?

たとえば、レバレッジ、ロスカット、スワップポイント、スプレッド等々が代表的。

私は、ボーナスを重視して決めたよ~

おそらくその中でも、約定力を重視するトレーダーは数少ないのではないでしょうか?

しかし、実は、海外FX業者の約定力や約定スピードは収益に直結する大事なポイントなのです!

他が優れた海外FX業者でも約定力が悪ければ使い物にならない場合もあります。

今回は約定力の優れた海外FX業者をランキング形式で解説していきます。

それ以外のランキングが見たい方は下記を参考にしてみてね

また、そもそも海外FX業者における約定力とはなにかという基礎知識も解説。

約定力について知りたい方は当ページを最後までご覧になれば完全に知識を習得できますよ!

この様な方に読んで欲しい記事です
  • 海外FX業者の約定力について知りたい
  • 約定力の高さで受けられるメリットを知りたい
  • 約定力が悪い場合に被るデメリットを知りたい
  • 約定力の高い会社を知りたい
  • 海外FX業者の約定力に関するポイントや注意点を知りたい
目次

海外FXにおける約定力とは?

約定力とは注文した際の価格で成立(約定)させる力を指します。

相場は常に変動しており、注文して成立するまでの間にどうしても差が生じます。

買いで例えると

現在99.85ドルで100.00ドルになった瞬間に買いたいと思っているマドカがいます。

マドカ

・・・よし100.00ドルになった!買いだぽちっとな

しかし取引履歴を見てみると100.03ドルで買われていました。

マドカ

どうして?確かに100.00ドルの瞬間に買ったはずよ!

この様に注文から確定までの間に生じるズレをスリッページと呼びます。

0.03ドルもすべる会社なんてどうかしてるわ

スリッページはFX会社のサーバーの処理能力等のシステムの強さがかかわっており、システムが弱い会社だとスリップページが大きくなる傾向にあります。

それ以外にも多くのカバー先金融機関とのつながりを持っているFX会社は滑りにくい傾向にあります。

カバー先金融機関の多いFX取引業者

YJFX!(ワイジェイFX)30社
外為どっとコム24社
ヒロセ通商(LionFX)22社

カバー先金融機関の多さも大切ですが、どちらかと言えばシステム(サーバー)の強さが重要と言われてるよ!

注文した瞬間に約定させる力が無い会社だと後々大きな損失を生む恐れがあるので約定力の高いFX会社を選ぶのは必須と言えるでしょう。

約定力はシステム面とカバー先金融機関によって変わってきますが、システム面は比較できません。

出来れば○○社の約定力(システム)は戦闘力5万で▲▲社の約定力(システム)は戦闘力2のゴミだ!なんてまとめたかったのですが、比較しようがないので諦めました。

ただし約定力に自信のある会社は別です。FX取引会社の中にはHP上で「信頼の約定力」等と広告する場合があり、この場合は会社のシステムに自信がある証拠と言えるでしょう。

約定力に自信のある会社は堂々と「うちの会社は強いんやで!」って言ってるわよ

約定力が高いとどんなメリットがあるの?

約定力は高ければ高いほど欲しい価格で取引が成立します。

仮に注文時の価格が「1$100円」として、「1$=100円」で約定する海外FX業者と「1$=101円」で約定する海外FX業者があれば、どちらで取引したいでしょうか?

言うまでもなく前者の「1$=100円」で約定する海外FX業者ですよね。

海外FXにおける約定力は【自分の欲しい価格で少しでも買える確率が上がるか下がるか】という風に覚えておきましょう。

また、約定力の高い海外FX業者は、以下の面で優位性があります。

約定力の優位性
  • スキャルピング取引に強い
  • 大きいポジションの取引でも安心
  • ロスカットを減らせる

スキャルピング取引に強い

スキャルピングは、数秒から数十分程度で取引が完了する取引手法です。

スキャルピングは何度も取引する性質があるからスプレッドと同じくらい約定力が大事なポイントになるよ

たった1pipsの差でトータル損益が大きく異なるため、約定力の低い海外FX業者で取引するのはデメリットしかありません。

スキャルピングを中心に取引する場合は、取引する海外FX業者のスプレッドと約定力は絶対に確認しておきましょう。

大きいポジションの取引でも安心

大きいポジションの取引は、1pipsで数万円以上の金額差になり得ます。

約定力の高い海外FX業者では最初に想定した金額で注文が成立しますが、約定力が低いと差が大きくなり、注文成立後に数万円以上の損失から始まることもあります。

また、注文ミスをしたときにポジションを解消する場合でも約定力が低ければ売り買い双方で予想外の損失になりかねません。

小さいポジションの取引であればそこまで実感しませんが、大きいポジションで取引する場合は安心感という意味でも約定力は高いことに越したことはないでしょう。

ロスカットを減らせる

約定力が低いと不利な価格で注文が成立する可能性があり、ロスカットに近づいてしまいます。

たった1pips程度でもロスカットを免れて利益になった、ということはFXを長年続けていると頻繁に起こります。

約定力の高い海外FX業者を選ぶことでロスカットを減らせ、トータル収益に関わってくることは間違いありません。

約定力が低い海外FX業者を使うとどうなるのか

約定力が低ければ低いほど注文した価格との乖離が大きいです。

自分が欲しい価格とズレた価格で取引が成立しでしまうんだよ…

一般的な思考では、自分の欲しい価格で取引が成立しなければ取引を取り消しできるように思いますが、FXの世界では基本的に取り消すことはできません!

あまりに酷い注文成立であれば問題ですが、ほんの数pips程度であれば注文成立を受け入れる必要があります。

その数Pipsでさえ落ち込んで立ち直れない気がします私…

ただ、FXは注文を繰り返すトレーダーが多く、数pipsの積もりが大きな差を発生させます。

つまり、約定力が低いと損失に直結しやすく、他の部分が優れた海外FX業者でもなぜか勝ちづらいという現象が起きるということです。

また、約定力の低い海外FX業者を選ぶデメリットは、以下の2点を挙げられます。

  • リクオートや約定拒否
  • スリッページが起こる

リクオートや約定拒否

海外FX業者のリクオートと約定拒否は以下の意味があります。

リクオート

注文した価格で成立せず、そのズレた価格で約定するかの可否が表示され、約定を許可した場合はズレた価格で約定する状態

約定拒否

注文した価格で約定しない状態、ポジションも保有しない。

いずれにせよ注文した価格で約定しないことが共通点です。

絶対にリクオートや約定拒否が起きないFX業者はないですが、少しでもリクオートや約定拒否を減らしたFX業者を約定力が高いと言います。

スムーズに取引を成立させる意味でも、約定力の低い海外FX業者は使い勝手に直結してきます。

スリッページが起こる

スリッページは約定した結果、注文価格と差が生じた状態です。

このスリッページはポジションを保有してしまうので約定拒否より性質が悪いです。

約定拒否であれば直接的な損益に関わりませんが、スリッページは資金に反映されるので損益に関わってしまうのです…

スリッページは、短期取引やボラティリティの激しいタイミング(経済指標発表時や要人発言等)で頻繁に起こります。

もちろんスリッページの少ない海外FX業者は約定力が高い評価され、約定力の評価がしやすい部分でもあります。

また、国内FX業者に比べると海外FX業者は取引方式の違いでスリッページが起こりづらく、通常のタイミングによる取引であれば基本的にスリッページは少ないです。

約定力に自信があるFX会社

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは公式サイトのトップページに大きく「信頼の約定力」と書いており、FXプライムbyGMOは大荒れの相場でも揺らがないとも書かれています。

実際に公式サイトで書かれている口コミを見ると「信頼の約定力」の意味が分かります。

為替市場がどんな状況でも、スプレッドは開くが必ずオーダーが通るという安心感があります。 提示プライスの通りに約定するところが気に入っています。

今まで相当数のトレードをしてきましたが、一度も約定拒否を経験したことがありません。FXを始めるに際して、複数の取引業者に口座を開設し、1万通貨で実際に売買をしてみたのですが、FXプライムbyGMOさん以外の他社では、1万通貨であっても「約定できませんでした」というメッセージが表示されることがありました。これが手仕舞いの時であったならかなりのダメージを受けることもあり得ます。こうした理由から、私はFXプライムbyGMOさんをメイン取引で使うことを決めました。

天下のGMOが嘘を書くとは思えませんのでFXプライムbyGMOの約定力は高いと言えます。

管理人

私も使っています確かにあまり滑らない印象があります。
※あくまでも個人の体験です。

FXプライムbyGMOの公式サイトへ

約定率について

約定率とは「成行き」で注文して「一発で約定する」確率の事を言います。

FXの場合「注文=100%確定」とはならず、注文直後に約定拒否やリクォートで返ってくるケースが実際にあります。

※リクォート=約定拒否

やばいトランプ砲のせいで相場が急激に下がってる!直ぐに売らないと損失が増える!売るにぽちっとな!約定拒否!馬鹿かこの野郎、約定拒否ってその間どんどん損失が増えてるやん、勘弁してよん…

この様に約定するしないは損失に大きくかかわってきます。

少し残念なお話になりますが、日本のFX業者は大半がDD方式を採用しておりトレーダーが不利になる様になっています。

DD方式とはスプレッドを極端に狭くする事が出来きドル円では0.3銭等海外FXに比べて圧倒的に安くスプレッドを設定できます。

スプレッドを狭くした分FX会社はスプレッドだけではたいして利益を得る事が出来ません。そこでDD方式を採用している会社はスプレッド以外にトレーダーの損失から利益を得ています。

もしかして、FX会社は利益を増やすために意図的に約定拒否やリクォートを・・・

そういった事を考える人は多いと思いますが、そのような事はほぼ無いと思います。理由は単純で、FX自体9割の人が負けているからです。

要は何もしなくても勝手に利益を得る事が可能になっています。

では勝ち続けている人はどうでしょうか?

FX会社にとっては損失を生み出すだけの厄介な客と言えます。

もしあなたが勝ち続けているFXトレーダーで、約定拒否やリクォートがよく発生するのであれば意図的にFX会社が「約定拒否」や「リクォート」している可能性はゼロとは言えません。

そこで重要になるのが約定率でしょう。

約定率100%と伝えているFX会社は意図的に約定拒否やリクォートをしていない証拠になります。

逆に約定率を表示していない会社や口コミで約定率が低いと言われている会社は意図的に約定拒否やリクォートをしている可能性があります。

約定率に自信があるFX会社

約定率とは約定拒否、リクォート等が無ければ基本100%になるはずですのである程度数字に表す事が出来ます。

約定率100%の会社は堂々と「約定率100%」と書けますし、99.9%の会社も「約定率99.9%」と書けます。しかし約定率が低く約定拒否、リクォートが多い会社はその数字を大きく出せないでしょう。

公式サイトの数字を信じるのもありだと思うよ。

みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXの約定率は99.9%となっており、ほぼ100%の約定率となっています。

約定率は99.9%と言う事は意図的な約定拒否をほぼ100%していない事になるので、会社として信頼することも可能です。

またみんなのFXでは1秒間に約8,000件の約定の処理が可能となっており、プロの投資環境と同じようにストレスなく取引が可能になっています。自動ロスカットの証拠金維持率判定も秒単位で行っていますので、損失拡大を最小限にする事ができます。

約定力こそ不明ですが、約定率を重視した場合みんなのFXはおすすめ出来るFX会社と言えますのできっちり確定させた方はみんなのFXをお選び下さい。

みんなのFXの公式サイトへ

ヒロセ通商

ヒロセ通商(LionFX)

ヒロセ通商は国内FX会社の中では珍しくNDD方式を採用しています。NDD方式とはFX会社を仲介しない方式で海外では主流となっています。

「DD方式」トレーダ↔FX会社↔銀行

「NDD方式」トレーダー↔銀行

NDD方式の良いところはFX会社を仲介しないので約定拒否、リクォートが発生しません。その為ヒロセ通商の約定率は100%となります。唯一のデメリットはスプレッドが高い事です。国内FX会社ですとドル円で0.3銭程のスプレッドが発生しますが、ヒロセ通商は1銭のスプレッドが発生します。

NDD方式は透明性が高く安心して取引ができますので、少しでもFX会社に疑問を持っている方はNDD方式を採用しているヒロセ通商をお選び下さい。

ヒロセ通商(LionFX)の公式サイトへ

登録者が多い順である程度約定力・約定率が分かる

約定力・約定率が明記されていない会社も実際多いのですが、約定力・約定率が低いFX会社は大きな損失を生む恐れがあるので必然的に登録者数は少なくなります。

FXにおいて約定力・約定率は重要な項目の一つですので、登録者が多い=約定力・約定率が高い可能性は高くなります。

参考程度に登録者数の多い会社もご確認下さい。

SBI FX (SBIグループ)100万口座
DMM FX75万口座 ※「DMMFX」と「外為ジャパン」の合算
GMOクリック証券69万口座
外為オンライン57万口座
外為どっとコム51万口座
YJFX!(ワイジェイFX)39万口座
みんなのFX36万口座 ※「みんなのFX」と「LIGHT FX」の合算
ヒロセ通商(LionFX)25万口座
FXブロードネット20万口座
FXプライムbyGMO20万口座
SBI FX (SBIグループ)

圧倒的登録者数を誇るSBI FX (SBIグループ)!会社選びで疲れた方はSBI FX (SBIグループ)で始めるのもありだと思います。

深く考えず登録者数=なんか良いんじゃないくらいで始めるのも実際ありです。そのうち自分にあった会社が分かってくるものですので。

ダメな会社なら100万人も登録しません!

約定力の高い海外FX業者ランキング

信頼できる約定力の高い海外FX業者をランキング形式で紹介します。

基本的に海外FX業者の有名所は約定力が高く優れていますが、意外にも大手海外FX業者以上に約定力が優れているところもありました。

海外FX業者の約定力ランキングは以下の通りです。

  1. AXIORY
  2. TitanFX
  3. XMtrading
  4. LAND-FX
  5. BIGBOSS

知名度の高い海外FX業者から中堅海外FX業者までランキングに食い込みました。

ちなみに、約定力を判断するときのポイントは下記5を点を参考にしてみてください!

約定率

約定率とは、注文が意図した通りに成立(執行)する確率のことを言います。

単純に考えると100回注文を出したときに95回注文が執行されれば、約定率は95%となります。

約定率は高ければ高いほど注文が執行されやすいので、なるべく約定率が高い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

ただし、約定率が高かったとしても注文が正確に執行されるわけではないため注意が必要です。

トレーダーの意図した通りに約定を通すには、次に説明する「約定スピード」が重要となってきます。

約定スピード

約定スピードとはその名の通り、「約定が執行されるスピード」のことです。

相場の変動が特に大きくなるNY市場の時間帯で取引する場合は、この約定スピードが非常に重要になります。

例えば約定率が99%の海外FX業者だったとしても約定スピードが遅ければ、トレーダーの意図した価格レートで注文を通すことができません。

このように約定したとしても、注文した価格レートと実際に約定した価格レートが異なってしまうことを「スリッページ」といいます。

スリッページ

スリッページは確率が高ければ高いほど、注文が正確に執行されないということを意味します。

例えば、「約定率が99%でスリッページの発生確率が20%」という海外FX業者があったとしましょう。

これは言い換えると「100回注文をしたうち99回は注文が約定し、そのうち20回は意図した価格レートとズレた価格レートで注文が執行される」といえます。

スリッページが発生すると正確に注文が通らないため、損失は大きく・利益は小さくなる可能性も出てきます。

そのため、約定率や約定スピードとあわせて「スリッページ」も確認するようにしましょう。

取引方式

海外FXの取引方式は、注文が海外FX業者のディーラーを介さずに注文が約定するNDD方式がメインです。

NDD方式はさらに以下の2つの方式に分かれています。

NDD方式の内訳・特徴

  • NDD STP方式→スリッページしにくい、スプレッド広め
  • NDD ECN方式→スリッページしやすい、スプレッド狭め

NDD STP方式はスプレッドが上乗せされる代わりに流動性が低くてもスリッページしにくい約定方式となっており、狙った価格レートでの約定が期待できます。

一方でNDD ECN方式はスプレッドが狭いというメリットがありますが、流動性の低い時間帯や大きな取引サイズの場合はスリッページが起きやすくなります。

どちらも一長一短ですが「流動性の低い時間・小ロットの取引ならNDD STP方式」「流動性の高い時間・大ロットの取引ならNDD STP方式」が適しているといえるので、自分のスタイルに合った取引方式を選びましょう。

取引インフラ

「取引インフラ」とはFX業者の取引に利用されるサーバーのスペックやサーバーの設置場所といった、取引を行うための通信環境を指します。

通信環境が悪ければ正確に価格レートが取得されなかったり、注文が集中する時間帯ではサーバーがパンクしてしまったりといった事態が発生してしまいかねません。

取引インフラの優れた海外FX業者は「EQUINIX」という会社のサーバーを利用している場合が多数です。

EQUINIX(エクイニクス)とはサーバーを設置するデータセンターを管理している企業で、AmazonやGoogleも利用するインフラ管理の分野では大手の企業です。

そのため、EQUINIXのサーバーを利用しているかどうかは海外FX業者の取引インフラの指標といえます。

それでは各海外FX業者の約定力から詳細について詳しく解説していきましょう。

1位 AXIORY(アキシオリー)

AXIORYホームページ
約定スピード(平均)/秒約定スピード(最高)/秒約定スピード(最低)/秒執行率/%
0.2970.2810.32899.2%

AXIORYは執行率99%以上を誇り、公開している約定スピードは1/1,000秒、約定力の総合ポイントでは最も高い海外FX業者です。

取引環境に徹底した海外FX業者になり、他社を凌駕する約定力は以下にあります。

AXIORYが約定力で選ばれる理由
  • 日々の約定データを完全公開
  • リクイディティプロバイダー情報の公開
  • 東京に世界的に信頼されているEquinix社のデータセンターを配置
  • 最高水準の約定力を提供する取引プラットフォームcTraderの使用可能

他社のボーナス合戦に加わらず、約定力に特化した海外FX業者がAXIORYです。

約定力に強みを絞っていていいですね~

AXIORYのメリット・デメリット

AXIORYのメリット・デメリットには、以下の点を挙げられます。

メリットデメリット
最大レバレッジ400倍
ゼロカットで安心
スプレッドの狭さは海外FX業者でもトップクラス
NDD方式採用
スキャルピング等取引に制限なし
信託保全対応
ペリーズの金融ライセンス所持
cTrader採用
不定期に入金ボーナス開催
合計取引銘柄数81種類で通貨ペア以外もあり
Curfexで国内銀行送金ができる
MT4は自動売買(EA)利用可
完全日本語サポート
チャットサポートで疑問はすぐに質問できる
プロトレーダーに運用を依頼するMAM口座あり
初回入金額は2万円以上メリット
口座開設時にはJumioにも登録が必要
2万円以下の出金は出金手数料が発生する
異なるベース通貨口座間の資金移動で為替手数料1%が発生する
証拠金残高によって強制的にレバレッジを抑えられる
ボーナスキャンペーンの開催は少ない

AXIORYの総評

AXIORYは初回入金額2万円以上とボーナスキャンペーンの少なさ以外は、特に問題のない優れた海外FX業者です。

高い約定力と狭いスプレッドはスキャルピングトレーダーが最も活躍できる取引環境でもあります!

海外FX業者はどうしてもスプレッドが高くスキャルピングがしづらいですが、AXIORYであれば問題なく使えます。

高い約定力の海外FX業者で安心して使いたい場合は、AXIORYは第一候補に挙げられます。

2位 TitanFX(タイタンエフエックス)

TitanFXホームページ
約定スピード(平均)約定スピード(最高)約定スピード(最低)執行率
0.359秒0.257秒0.469秒99.70%

TitanFX(タイタンエフエックス)は執行率99.70%、取引サーバーをEqunix社のデータセンターに置いた海外FX業者です。

元々は機関投資家を中心に利用していた「ティア1」という最上級に流動性が高いインストラクチャーを一般投資家に開放したことで高い約定力を誇っています。

また、TitanFXは以下のZEROPOINTと呼ばれる独自のシステムで高い約定力を提供。

BestSpread(ZP-ASM)

TitanFXすべてのリクイディティプールのプライスと1秒あたり数百万回を比較して最良のプライスを提供

Bestliquidityaggregation(ZP-DLA)

独自のアグリゲーションポイントにZP-DLAハブを設定することで幅広いアセットにて最良プライスを提供

BestExecution(ZP-OEO)

世界3か所に分散したサーバーに加えてEqunix社のメインサーバーを活用。

非常に低いレイテンシ・ネットワークを構築して最速の約定スピードで提供

TitanFXもAXIORY同様に他社のボーナス合戦に加わらず、代わりにその資金を優れた約定力を提供する方向に力を注いでいる海外FX業者です。

TitanFXのメリット・デメリット

TitanFXのメリットは、以下の点を挙げられます。

メリットデメリット
最大レバレッジ500倍
ゼロカットで入金額以上の損失なし
NDD方式採用
バヌアツ共和国の金融ライセンスを保持
ロスカットは証拠金維持率20%以下で執行
業界でもトップクラスの低スプレッド
合計取引銘柄数75種類で通貨ペア以外もあり
スキャルピング等取引方法に制限なし
自動売買(EA)の利用可能
資金はAAAランク銀行にて分別管理
24時間完全日本語対応のサポート
2014年設立で海外FX業者としては新参
基本的にボーナスの提供はない
出金手数料が発生するデメリット

TitanFXの総評

ボーナスが基本的にないこと以外は、TitanFXは高い約定力を誇る優れた海外FX業者です。

一見すると低スプレッドやボーナスがほぼないことからAXORYに似た海外FX業者ですが、最大レバレッジは500倍と高く、24時間日本語サポートは非常に評価できます。

海外FX業者はどうしても信頼性が国内FX業者と比較すると不安ですが、24時間日本語サポートに対応しているのでいざというときでも安心です。

国内の証券会社すら24時間サポートは滅多にないので、TitanFXは顧客に寄り添う姿勢があるFX業者という評価ができます。

3位 XM Trading(エックスエム)

XMホームページ
https://compaffi.com/fx/xm-site
約定スピード(平均)約定スピード(最高)約定スピード(最低)執行率
0.336秒0.019秒0.925秒99.53%

海外FX業者でトップクラスの知名度と顧客を誇る通称XM Trading(エックスエム)は、約定力も安定して高水準のサービスを提供しています。

どちらかと言えばXMは豊富なボーナスやXMポイント、数多くの取引銘柄に注目しがちですが、約定拒否やスリッページは基本的に発生しません。

公式HPでも早い段階から「リクオートなし」「約定拒否なし」を大々的に発表。

あらゆる部分で高水準の取引環境を提供しているのがXMです。

ただし、他の海外FX業者と比較するとどうしてもスプレッドの高さが目立ちます…

ボーナスやXMポイントで高いスプレッドはカバーできますが、スキャルピング等のトレードスタイルの場合は大きなデメリットにもなり得ます。

XMのメリット・デメリット

メリットデメリット
海外FX業者で実績NO.1の人気を誇る
豊富なボーナスやXMポイントの独自キャッシュバックあり
世界4ヶ国の金融ライセンスを保持
イメージキャラクターに世界的オリンピアンのウサイン・ボルト氏を起用
3種類の口座から自由に選択できる
資本金は360億円で圧倒的
最大レバレッジ888倍
ゼロカットに対応して借金リスクなし
通貨ペア以外に数多くの金融商品の取引ができる
オンラインセミナーやシグナル配信等、充実したサービスあり
スキャルピング等取引手法は自由
自動売買(EA)の利用可能
完全日本語対応のサポート最小入金額は500円から対応で少額トレーダーでも安心
仮想通貨入金やクレジットカード入金等、入金手段が豊富
分別管理で顧客の資金を管理
無料VPSあり
利用者が多いので情報を集めやすい
90日以上口座利用なしで自動的に休眠口座になる
スプレッドは比較的広い
仮想通貨の取引は休止中
口座残高に応じてレバレッジが強制的に制限される
法人口座の開設は不可

XMの総評

海外FX業者でどこの口座を開設するか迷ったときはXM一択です。

スプレッドが若干広くスキャルピングには向いていませんが、それ以外の部分でXMは安心かつ非常に優れた海外FX業者です。

海外FX業者と言えば、「ハイレバレッジ・豊富なボーナス・ゼロカット」という3つの要素を作ったのはXMと言っても過言ではありません。

また、取引ごとに付与されるXMポイントは証拠金にも現金にも交換でき、XMポイントを交換した口座でギャンブルトレードをするトレーダーも時々います。

全体的に安定した海外FX業者なので、とりあえず新規口座開設しておいて損はないでしょう。

4位 LAND-FX(ランドエフエックス)

LAND-FXホームページ
https://compaffi.com/fx/landfx-site
約定スピード(平均)約定スピード(最高)約定スピード(最低)執行率
0.035秒0.010秒0.500秒98.22%

LAND-FX(ランドエフエックス)は低スプレッドと約定力に力を入れた海外FX業者です。

また、定期的に入金ボーナスを開催。

低スプレッド×ボーナス×高い約定力という3つの条件を揃えた海外FX業者で取引したい場合はLAND-FXです。

約定スピードの平均は0.035秒!

はやっ!

低スプレッドという特徴を踏まえればスキャルピング取引するのに最適の海外FX業者と言っても過言ではありません。

ただし、海外FX業者では珍しくDD方式ではないか、という疑惑があります。

今のところLAND-FXで問題が起きたことはないですが、ひとつの懸念点として覚えておくべきでしょう。

LAND-FXのメリット・デメリット

メリットデメリット
運営歴が長く安心感がある
最大500倍のレバレッジで取引可能
3種類の口座タイプから自由に選べる
運営歴が長く安心感がある
最大500倍のレバレッジで取引可能
3種類の口座タイプから自由に選べる
スタンダード口座のスプレッドは業界最狭水準
不定期で入金ボーナスの開催あり
セントビンセント金融サービス機構のライセンス保有
ロスカット率は30%で比較的低い
PAMMファンドに投資ができる
年率2.5%の定期預金システムの利用可能
毎週プロのトレード分析を配信
プリペイドカード出金に対応
日本語サポートに対応
投資家資金は分別管理
デモトレードコンテストで賞金あり
ゼロカットに審査がある
DD方式の可能性あり
過去に数回サーバーダウンを起こしている
最低入金額がSTICPAY以外は1万円/5万円で高め
スワップポイントに魅力はない

LAND-FXの総評

ゼロカットに審査があることとDD方式の可能性以外は、LAND-FXは使いやすい海外FX業者。

ゼロカットの審査に関しては通常利用するうえで拒否されることはありませんが、利用規約に反したトレードをした場合では審査が行われます。

LAND-FXの利用規約には確実に目を通す必要性がありますが、それは他の海外FX業者でも同じことです。

普通にLAND-FXで取引するかぎりは基本的に安心して使えると考えて問題ありません。

5位 BIGBOSS(ビックボス)

BIGBOSSホームページ
約定スピード(平均)約定スピード(最高)約定スピード(最低)執行率
0.482秒0.154秒非公開

BIGBOSS(ビックボス)は「INTERNATIONAL BUSINESS MAGAZINE」で2020年&2021年に連続で「BEST NEW CFD BROKER」を受賞した実績の高い海外FX業者です。

正直言うと、BIGBOSSは約定力に関する情報を公開していないんだよ

じゃあどうして約定力ランキングに選ばれたんですか?

口コミや実際に使用した感覚でBIGBOSSは約定力の高い海外FX業者というイメージがかなり強いからだよ。

会社側が出している情報ではなく、トレーダーの口コミをもとに選んだんですね!そっちの方がなんだか信頼できますね…

もちろん雰囲気だけでなく高速通信のEquinix社のサーバーを使用しているので、現実的に高い約定力であることは間違いないです。

また、クイック口座というシステムでBIGBOSSの取引環境を簡単に知れます。

BIGBOSSの取引環境を知りたければまずはクイック口座を開設して確認してみることをおすすめします。

BIGBOSSのメリット・デメリット

メリットデメリット
最大レバレッジ999倍
ロスカット水準は20%以下で低い
NDD方式採用
現物の仮想通貨の取引にも対応
円絡みのスプレッドは比較的低い傾向

ボーナスキャンペーンを定期的に開催する

Bitwalletを筆頭に出金方法の選択肢が複数あり

高額のトレードコンテストを定期的に開催

日本人スタッフが多数在籍で日本語サポートに対応

国内銀行送金の入出金対応
口座残高に応じてレバレッジが強制的に制限される

出金手数料が発生する

信託保全がない

ゼロカットしない条件あり(2つの口座で両建て取引、経済指標発表時等で市場の流動性が高い時間帯の取引、BIGBOSSの判断で公平性に欠ける取引をした場合)

BIGBOSSの総評

約定力の高さを公式に公開しなくても口コミだけで評価された海外FX業者のBIGBOSS

高い約定力は当たり前という感覚で公式に大きく記載していないのではないでしょうか。

最大レバレッジ999倍は魅力的ですが、ゼロカットしない条件の取引をしないように注意してください。

特に大型経済指標発表時の取引した場合、ゼロカットされない可能性が高いです。

完全ゼロカットに踏み切ればトップクラスに躍り出る実力の海外FX業者なので、その点のみ気をつけて取引しましょう。

また、国内の球団の監督にBIGBOSSを名乗る人がいますが、一切関係はありません。

約定力一覧表

見やすいように表にしてまとめておいたよ

約定スピード(平均)約定スピード(最高)約定スピード(最低)執行率/%
0.297秒0.281秒0.328秒99.20%
0.359秒0.257秒0.469秒99.70%
0.336秒0.019秒0.925秒99.53%
0.035秒0.010秒0.500秒98.22%
0.336秒0.019秒0.925秒99.53%

約定力で海外FX業者を選ぶときのポイント

約定力で海外FX業者を選ぶときは、以下の3つのポイントに注目してください。

  • 約定力を重視するならNDD方式の業者を選ぶ
  • 約定スピードは平均値で比較する
  • サーバーの安定性はリアルな口コミで吟味する

見落としがちなポイントになるので、丁寧に解説していきます。

約定力を重視するならNDD方式の業者を選ぶ

同じFXでも業者によって取引方式が異なります。

FX業者のディーラーの介在主流
DD方式介在する国内FX業者
NDD方式介在しない海外FX業者

海外FX業者が主流のNDD方式のほうが透明度は高いことは言うまでもありません。

国内FX業者が主流のDD方式は売買の発注時に一度FX業者のディーラーがすべて受け持つので、なんらかのレート操作をされる可能性があります。

いくら国内って言ってもお金が絡むことだからそこは信用できないわよね~

実際、最近は国内FX業者が透明性を主張するためにNDD方式採用を謳っているケースもあり、これはDD方式の透明性が低いことの裏返しでしょう。

NDD方式であればスリッページが起きづらく、FX取引ではなるべくNDD方式のFX業者を選ぶようにしましょう。

注意点は海外FX業者でもNDD方式ではなくDD方式を採用している場合もあります。

各海外FX業者の利用規約や質問に記載されているので要確認しましょう。

約定スピードは平均値で比較する

約定スピードは取引ごとにブレます。

ある瞬間の約定スピードはA社のほうが速いけれど別の瞬間はB社のほうが速いということは決して珍しくありません。

つまり、約定スピードを比較するためには平均値で比較する必要があるよ!

たとえば、「米ドル/円」の主流海外FX業者の約定スピードの平均値は以下のとおりです。

海外FX業者名約定スピード平均値(ms/ミリ秒)
0.348
0.355
0.419
0.466
0.483
0.527
XM-ロゴ0.532
0.577

近年は海外FX業者の競争も激化しているため約定スピードはまだまだ向上していく可能性がありあります。

サーバーの安定性はリアルな口コミで吟味する

海外FX業者の約定力や約定スピードが優れていてもサーバーが安定していなければ意味がありません。

サーバーの脆弱な海外FX業者の場合、いざというときにサーバーが落ちて取引できなくこともあり得ます。

サーバーの安定性を調べるためには、FX業者の公開情報よりもリアルな口コミを参考にするべきです。

Twitterを筆頭にSNSや匿名掲示板ではサーバーが落ちたときの書き込みをうかがえます。

少しTwitterで検索するだけでも以下のようなツイートが見つけられました。

余談ですが、国内FX業者よりも海外FX業者のほうがサーバーは強いケースが大半です。

たとえば、スイスフランショックという急激な為替変動が起きたときに国内FX業者でサーバーが落ちてレートが動かず売買不能の結果追証になり裁判という泥沼化は有名です。

海外FX業者の大手は基本的にサーバーが安定していますし、最悪のケースでもゼロカットになるので借金の心配もなく、安心してFX取引を続けられます。

約定力で海外FX業者を選ぶときの注意点

約定力で海外FX業者を選ぶときは、以下の4つのポイントに着目してください。

  • スリッページと約定スピードはイコールではない
  • 約定率は約定できる確率を記している
  • 通貨ペアごとに約定力は異なる
  • 取引するタイミングごとに約定力は異なる

意外に勘違いしていることも多い内容、個別に解説していきましょう。

スリッページと約定スピードはイコールではない

スリッページと約定スピードはイコールではない

約定スピードが速いからスリッページは起きない、という考えは間違いです。

身近なことでわかりやすく例えるとすれば、タイピングは速いけど入力ミスがある、といった感じでしょうか。

つまり、約定スピードが速くスリッページも起きないFX業者が最も魅力があるって事ね!

海外FX業者は、基本NDD方式を採用しているからスリッページは少ないはずだよ!

それでもスリッページが発生するケースもある、程度には捉えておくべきでしょう。

約定率は約定できる確率を記している

約定率は、約定できる確率です。

仮に約定率50%のFX業者があれば、注文した際に約定するのは二回に一回です。

だからと言って約定率が高ければ信頼できるとはならず、約定率100%(※スリッページ確率99%)という可能性もあり得るということです。

つまり、FX取引の約定で大事なポイントはバランスってこと

どれだけ約定率を誇ってもスリッページが頻発しては意味がなく、むしろマイナスです。

約定率も高くスリッページも少ないFX業者を選ぶことが大事ということです。

通貨ペアごとに約定力は異なる

約定力は通貨ペアごとに異なります。

たとえば、「米ドル/円」の約定力が高くても「英ポンド/円」やCFD取引の約定力は低い、ということは決して珍しくありません。

頻繁に取引する通貨ペアや金融商品の約定力を参考に、FX業者を選ぶようにしましょう。

ただ基本的に約定力の高いFX業者は他の通貨ペアの約定力もおおむね高いので、必要以上に神経質になることはないですね。

取引するタイミングごとに約定力は異なる

ここまで何度も説明してきたとおり約定力は常に一定ではありません。

取引するタイミングによって約定力は異なり、変動した性質を持っています。

たとえば、市場参加者が少ないオセアニア市場と市場参加者が多いNY市場のどちらが約定力は高いでしょうか?

一概に言えないものの、基本的にオセアニア市場のほうが約定力は高いです。

なぜなら市場が活発化しているNY市場ではボラティリティがあり、さらに重要経済指標の発表や要人発言で急激な為替変動が起きやすいからです。

激しくレートが動く時間帯と落ち着いて動くレートの時間帯、明らかに後者のほうが約定しやすいです。

「約定がしやすい=利益に直結する」わけじゃないからそこは注意が必要だよ

まとめ

今回は海外FX業者の約定力・約定率・約定スピードのランキングを中心に解説してきました。

最初に説明したとおり海外FXは豊富なボーナスやレバレッジの高さに目を奪われがちですが、実は約定という部分が収益に直接的な影響を与えるポイントでもあります。

特にFXトレードに慣れてくると約定力や約定スピードが大事に思えてきます。

少しでも約定力の優れた海外FX業者を使いたいと考えるはずです。

豪華な口座開設ボーナス以上に約定力の優れた海外FX業者のほうが勝てる可能性も大いにありますので、約定力の優れた海外FX業者の口座開設も検討してみてはいかがでしょうか?

\約定力ランキングNo.1/

最後に当ページで解説してきた約定力の大事なポイントをまとめておきました。

おさらいの気持ちで今一度目を通してみてください。

約定力に関する抑えておきたいポイント
  • 約定力は優れた海外FX業者を探すポイント
  • 約定力は収益に直結する
  • 約定率と約定スピードは似て非なるもの
  • 約定スピードは平均値で比較する
  • サーバーの安定性は口コミを確認する
  • 約定率は通貨ペアや金融商品ごとに異なる
  • 取引時間やタイミングで約定力は異なる
  • XIORYの約定力は海外FX業者でもトップクラスの実力を誇る

以上、今回紹介した海外FX業者の約定力ランキングを参考に、新規口座開設を検討してみてください。

2023年1月限定キャンペーンのお知らせ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、1月1日~1月31日23時59分までの期間限定で「新規口座開設ボーナス3万円キャンペーン」を開催中!

  • GEMFOREXで初めて口座を開設する人が対象の超お得なキャンペーンです!

海外FXおすすめ業者比較ランキング!全64社徹底比較【2023年最新版】

海外FXでトレードする場合に最も大切なのが、業者選びです。

  • 安全性・信頼性の高い業者
  • 取引コストが安くスプレッドの狭い業者
  • 日本語サポートが充実している業者

上記の条件を達成している業者は、かなり優良で、より利益を上げられる業者だと言えるでしょう。

だけど、数ある海外FX業者の中から、優良な業者を選ぶのはとても大変よね?

そこで今回、当サイト限定で、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次