MENU

【必読】巷でよく聞く強制ロスカットとは?ロスカットについて知識を深めよう!

みなさん、「ロスカット」という言葉を聞いたことがあります?

ロスカットってなんだっけ?

FXを始めるにあたって、「ロスカット」は絶対に知っておかなければならないキーワードです!

ロスカットとはどういうものなのか、知ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、今回の記事ではロスカットの基礎や、強制ロスカットの概要・目的、対策等を解説します。

これからFXを始める人や、FXを始めたばかりの人はぜひぜひ参考にしてみてください。

目次

ロスカットとは?

ロスカットとは
引用:DMMFX

ロスカットとは、自動的にポジションを決済させる仕組みのことです。

FXはレバレッジという仕組みを利用した取引であるため、相場が予想とは逆に大きく動いた際に、損失が大きくなります。

そこで、一定の損失が発生した際に、さらなる損失の拡大を防ぐために、強制的に取引を終了させることを「強制ロスカットと言うのです。

ちなみに、この強制決済ラインのことを「ロスカット水準と言うよ!

ロスカット水準は各FX業者によって異なりますが、「口座証拠金維持率が〇%に下回ったら強制決済する」という具合に、証拠金維持率を指標にしているのは共通しています。

このロスカット水準が低ければ低いほど、ポジションを長く保つことができる仕組みになっています。

しかし、その一方で、ロスカット水準が高いと、ちょっとした相場の変動でポジションがすぐに決済されてしまいます。

つまり、ロスカット水準が低ければ低いほど損益の確定も遅くなり負けにくくなるのです。

強制ロスカットとは

先ほど、上記の項目で少しだけ説明しましたが、

強制ロスカットとは、顧客の資金を最低限守るために保持しているポジション(通貨を「買っている」または「売っている」状態)が、一定の水準まで到達した際に強制的に決済されるという仕組みのことです。

FXは相場が変動して含み損が大きくなると強制ロスカットが執行され、損失が確定してしまいます。

具体的に強制ロスカットは、FX会社が定める証拠金維持率を下回った場合に執行されます。

証拠金維持率とは、口座精算価値に占めるポジションを維持するために必要な証拠金の割合を指します。

ロスカットされる証拠金維持率はFX会社によって異なるため、口座開設時によく確認しておくことがとても重要になってきますので、注意が必要です。

  • 証拠金維持率については、この記事内で解説します。

また、ロスカットという言葉は損切と混同されることがありますが、FXトレーダーがロスカットという場合、FX会社にポジションを強制決済されることを指すことが一般的です。

損切はトレーダー自身が自分の定めたルールによって、含み損を抱えた状態で決済を実行し、損失を確定させることを指します。

では、強制ロスカットが執行された場合、どうなるのかについて解説していきます。

大きく分けて以下の3つのことがロスカットが執行されると発生します。

追証が完全になくなる

強制ロスカットの意義とは、追証を排除することです。

本来であれば、証拠金以上の損失が発生すると、追加証拠金を口座に納めなければなりません。

強制ロスカットをFX業者が行うことで、お客様が返済しきれない負債を背負わなくて良くなります。

ただし、強制ロスカットが間に合わず追証が発生することもあるので、完全には安心できません。

その際は多くの海外FX業者ですと、ゼロカットというシステムもございますのでご参考までに記事を添付しておきますね!

損失が確定してしまう

FX業者が強制ロスカットをすることで、損失は確定してしまいます。

大きな負債を背負わなくて済みますが、自分の資産が減ります。

損失が発生しないように、最初のFX会社選びの段階で強制ロスカット水準をしっかりと把握したり、損切りを早めにしたりするようにしましょう。

ポジションを保持し続けられなくなる

FX業者が強制的ロスカットをすると、ポジションを保持し続けられなくなります。

なんでなの?

強制的にポジションを決済するためだよ。

通貨の中には長期的に保有して、大きな値上がりを待つという投資手法があります。

しかし、強制ロスカットになると、値上がりを待つ前に損失が確定します。

長期的にポジションを保有し続ける手法を採用するなら、強制ロスカットにならないように気をつけましょう。

証拠金維持率「ロスカットレベル」の計算方法

証拠金維持率(ロスカットレベル)とは、相場が下がってきて損失が発生してしまった場合、証拠金が何パーセント下回ったらロスカット(強制決済)されてしまうかどうかの最低ラインのことを言います。

証拠金維持率は業社によって異なりますが、国内FXと海外FXでは、海外FXの方が、ロスカットレベルが低い傾向にあります。
つまり、海外FX業者のほうが比較的、強制ロスカットされにくいということです。

強制ロスカットはいきなり来るのではなく「マージンコール」と言って、危険水域になるとお知らせが届く仕組みになっています。

証拠金維持率は以下のような計算方法で決まります。

有効証拠金(資産合計額+評価損益)/取引証拠金×100

証拠金維持率は大きいほど安心

証拠金維持率は、必要証拠金と有効証拠金の比率です。

式としては「有効証拠金 ÷ 必要証拠金」となり、意味的としては「時価資産 ÷ 投資額(×100%)」となります。

この数字が大きいほど、手持ちの資産に余裕があることになり、ロスカットされる危機は遠ざかるのです。

損失が増えて時価資産を減らしていくと、証拠金維持率の数字は悪くなっていくよ!

大元の入金額が大きければ、多少の損失が出ても資産自体には余裕があるので、いきなり危機が訪れることはありません。

しかし入金額の多くをトレードに注ぎ込んだ場合、少しの含み損で資金が一気に削れてしまいます。

10万円を入金し、うち1万円を投資に当てた場合の例

1ドル100円の時にレバレッジ1,000倍で10万ドルを購入!

ですが、1ドル99.8円に価値が下がっってしまったとします。

そうなると、0.1円の下げで生まれる損失は、2万円!?…

投資額以上の損失を出してはいますが、口座に資金があるので切迫はしていません。

時価資産は、「10万円 – 2万円 = 8万円」となり、簡易計算で「8万円 ÷ 1万円 = 証拠金維持率は約800%」となります。
(厳密には必要証拠金が20円、低くなっています)

しかし口座への入金額が3万円だったら、時価資産は、3万円 – 2万円 = 1万円となり、証拠金維持率は約100%となってしまうのです。

海外FX業社の証拠金維持率が低い理由

海外FXの業社の場合、みなさんご存じのように、規定がないのでレバレッジが高めになっていますよね?

ですから、最大25倍のレバレッジしかかけられない国内業社に比べて、少々の値動きでも利益が出やすく、損失も出やすいことから、証拠金維持率も低めになっているのです。

証拠金維持率が低ければ低いほど、ロスカットされにくい反面、ぎりぎりまでロスカットされなければ、損失が出た場合は、損失分が大きくなくなってしまいます。

ですから、そこは自分でロスカットを設定しておくなどの対応が必要となります。

ある意味、自分の裁量に任せてトレードが行えるというメリットはありますね。

しかし、不測の事態の場合でも、「ゼロカットシステム」のおかげで、証拠金以上の損失は発生しませんから、そこは国内FX業社に比べて大きな違いです。

海外FXの損益はロスカットレベルが影響する!

海外FXの損益には、海外FX業者のロスカットレベルが影響します。

その為、下記に当てはまる方はロスカットによって大幅な損失を出してしまう可能性が高い為充分注意してください!

  1. 相場が荒れていても気にせずエントリーしてしまう
  2. FXをギャンブルとして認識している(ハイレバトレード派)
  3. 損切りが苦手でポジションを持ち続けてしまう

相場が荒れていても気にせずエントリーしてしまう

ロスカットは値動きの激しい時におきがちですから、そうした相場では無理にエントリーをしないことが鉄則です。

その値動きを逆にチャンスだと捉えてしまい、勢いに乗れれば大儲けだ!と思ってしまうのは、極めて危険と言えるでしょう。

それで長年に渡り利益を出し続けている上級者ならともかく、経験が浅いうちは控えましょう。

ビギナーズラック的に勝てても、いずれは大きな損失を出してしまう可能性があります。

また大きな災害や事件、経済的な波乱があった時なども、エントリーは控えてください。

相場が荒れている時は、チャートが十分落ち着くまで待機しましょう。

FXをギャンブルとして認識している(ハイレバトレード派)

ロスカット、つまり強制決済は、各ブローカーが定めた基準以上の損失が起こった場合に行われます。

同じ海外FXでも、ブローカーによってどれくらいのロスカットレベルなのかは異なりますが、証拠金維持率が数十%以下になった場合という条件が具体的に設けられているので、ハイレバレッジ、もしくはフルレバレッジで取引するトレーダーは特に注意しなければなりません。

基準が高くても、どうしてもそのFXブローカーで取引を行いたい場合は、レバレッジを下げてトレードする必要があります。

しかし、レバレッジが低いと、当たり前のことなのですが短期間で効率的に資金を増やせなくなってしまうので注意が必要です。

ゼロカット制度が設けられていれば、強制決済が執行されても大きな損失を避けることは可能です。

ですが、強制ロスカット制度の存在は、ハイレバレッジ派にとって厳しい問題なのは間違いありません。

ロスカットを綱領した上でのベストなトレード方法

ハイレバレッジやフルレバレッジでのトレードを主流としているのであれば、ロスカットレベルが低めの海外FXを選ぶのが絶対条件です。

しかし、それだけではなく、最大レバレッジも大きく関わってくることは覚えておきましょう。

ロスカットレベルが十分に低くても、最大レバレッジが低めのFXブローカーであれば、ちょっとした変動で直ちに強制決済されてしまう可能性もあります。

特定のFX業者に強いこだわりを持っているわけではないのなら、これらの条件を満たせる所を選んだ上で取引をすることが重要です

\ これらの条件を満たしたおすすめの業者は下記ボタンから /

ロスカットレベルが高い所は証拠金維持率が100%以下や90%以下が主ですが、低い所は30%以下や20%以下となっています。

ロスカットの基準が低ければ低いほど、フルレバレッジトレードであったとしても、変動したら即座に強制決済されてしまうというケースはまずないので、ストレスなく取引を行えるでしょう。

また、業者によっては自分でレベルを設定できる所も存在します。

そういったシステムを取り入れている所を選んで、思い通りに取引を行えるようにするのも1つの方法ですね!

強制ロスカット発生を予防する方法

強制的にロスカットされてしまうとしても、それを未然に防ぐ方法もあります。

強制ロスカットされにくくする方法として挙げられるのが次の3つの方法です。

  1. レバレッジをかけすぎない
  2. 損切りを徹底する
  3. スキャルピングを駆使する

これらの方法について詳しく説明していきます。

レバレッジをかけすぎない

レバレッジを高くすると、ロスカットの基準となる証拠金率が下がるため、ロスカットが発動されやすくなります。

ですから、強制ロスカットを回避する方法としてすぐに実践できる方法は、レバレッジを低くすることです。

基本的にレバレッジをかければかけるほど証拠金維持率は下がり、ロスカットの危険性が高まります。

そのため、重要なのはレバレッジをかけすぎないことなのです。

レバレッジを低くすれば、必然的に値動きによるロスカットのリスクは下がります。

その為初心者なら、まずは2倍程度のレバレッジから取引を始めることをおすすめします!

損切りを徹底する

損切りを徹底することは、強制ロスカットを回避できるだけでなく、FXの勝率を上げることにもつながります。

そして、その場で判断して損切するのが苦手なのであれば、損切ルールを設けることも一つの手段です。

そうすることによってロスカットを防ぐことに繋がります。

人間は「損をしたくない」という気持ちが強く働くからこそ、「あのとき切り上げとけばよかった~」などという失敗を起こしがちです。

だからこそ、ここまできたら絶対に決済する」という自分なりの判断基準として、損切ルールを設けておくことがとても重要なのです。

損切ルールには、「含み損が〇万円に達したら損切」「含み損が残高に対して〇%になったら損切」など人によって様々です。

また、少し慣れてきたら「直近の安値を下回ったら損切」など相場に合わせた損切ルールを設けるのもいいでしょう。

損切のルールなんてものは本当に何でもいいのです。別にこれじゃないとダメ!だとか当サイトからいえることは何もありません。

損切で大切なのは、損切ルールを厳格に守ることです。

小さな取引でも厳格に損切ルールを守ることを徹底していれば、大きな金額が動く取引でも、冷静に損切の決断を下すことができます。

損切ルールを設けることは、ロスカットが間に合わないパターン」を回避する方法としても効果的です。

ロスカットは必ずしも瞬時に行われるものではありません。

そこで、損切ルールを設けることで、ロスカットに頼らず自分自身でリスクコントロールができるようになります。

≫損切に関する情報はコチラ

スキャルピングを駆使する

ロスカットのリスクを下げることができる取引の手法のひとつにスキャルピングがあります。

スキャルピングとは、たった数秒から数分間のうちに取引を行い、それを繰り返すことで利益を得る取引法です。

短期間での取引のため、もちろん利益は薄くなります。

しかし、その分大幅な損失のリスクも低くなるのです。

このようにスキャルピングであれば大幅な損失を受けるリスクを低くすることができるため、強制ロスカットを避けることのできる手段の一つと言えるでしょう。

ロスカットを回避する確実な方法

ロスカットは損失の拡大を回避して資金を守るための制度です。

ただし、強制決済であることから結果的に意図しないトレードになってしまうケースもあるでしょう。

ここでは長期投資など何らかの理由であえてロスカットを避けたいときの方法を紹介します。

保証金(証拠金と同義)を追加入金する

ロスカット回避方法
引用:外為どっとコム

保証金を追加入金することで、有効比率(=有効評価額÷必要保証金額)が高まりロスカットを回避できます。

ただし、その後も不利な方向へ相場が動けば、有効比率が低くなり最終的にはロスカットをされてしまいます。

明確な理由や戦略もなくただ資金を追加入金するのはおすすめできません。

初心者の方は追加入金をするのではなく、低レバレッジでリスクを抑えた取引を行うことが大切です。

保有ポジションの一部を決済する

ロスカット回避方法
引用:外為どっとコム

いくつもポジションを保有している場合は、一部のポジションを決済することで有効比率を一時的に高めロスカットを避けることができます。

ただし、こちらも不利な方向へ相場が動けば、有効比率が低くなり最終的にはロスカットをされてしまいます。

そのため、含み損のポジションをいつまでも保有するのではなく、一定の損失を出したら速やかに損切りを検討しましょう。

また、含み損のポジションを持ち続けてしまうと、次の取引チャンスが来た時に資金不足で取引ができないということにも繋がります。

機会損失を出さないためにも、素早く損切りを行い次の取引チャンスを待つことをおすすめします。

ロスカットに関するよくある質問

ロスカットされるタイミングはいつですか?

FX業者によってタイミングは異なり、同じ業者でも口座によって異なることもあります。

通常、リアルタイムに近い頻度で証拠金維持率がチェックされ、数値が規定を割り込んだ時点ですぐに執行されるのが一般的です。

また、数値が規定を割り込んだ翌営業日に、まとめて執行されるケースもあります。

この場合、それまでに追加入金をして証拠金維持率を回復させれば、ロスカットされずに済むのがメリットです。

それ以外では、特定の時刻にまとめて証拠金維持率がチェックされ、数値が規定を割り込んでいたらすぐに執行されるパターンもあります。

ロスカットに手数料はかかりますか?

通常、ロスカットで手数料が発生することはありません。

ロスカットとは何ですか?

ロスカットとは、お客様の損失額が一定水準に達した際、損失が更に拡大することを防ぐ目的で 取引システムが自動的に取引を終了させる機能です。

ロスカット条件に達すると、すべての保有ポジションが決済され、 未約定の指値注文等もすべて取り消されます。

ロスカットにならないためにはどうすればいいですか?

ロスカットは、口座資産に評価損益を加えた有効証拠金が、ロスカット値を下回ると執行されます。

ロスカットを避けるには、なるべく口座資産に余裕を持ってお取引ください。

有効証拠金は「口座資産+評価損益-出金依頼」で計算できるよ

ロスカットと損切りの違いは何ですか?

ロスカットはFX会社が顧客の資金を守るために強制的に行う決済のことであり、損切りは自らが行う決済方法です。決済という点では同じですが、実際は全くの別物です。

窓を開けて始まったときにロスカットされるとどうなりますか?

月曜の朝などシステムメンテナンス後に窓を開けて相場が始まることがあります。

このような状況でロスカットされた場合は、預けた保証金以上の損失を出して追加で損金を支払わなければならない可能性があります。

まとめ

引用:エフプロ

それでは、今回紹介した強制ロスカットを避けるための3つの方法をまとめました。

  1. レバレッジをかけすぎない
  2. 損切を徹底する
  3. スキャルピングを駆使する

強制ロスカットが発動することで、これまで含み損だったものが、一気に損失に変わってしまいます。

一方で、強制ロスカットは取引をしているお客様に、借金を作らせないようにするためのシステムでもあります。

物事には二面性があり、全てが優れているものはありません。

この記事を読んで、強制ロスカットをしっかりと理解し、FX取引を行う際の参考にしていただければ幸いです。

当サイトおすすめの海外FX業者も掲載しておきますので、まずはデモ口座で取引を始めてみるのもイメージが湧いて良いかもしれませんね!

ゼロカットシステムについても、解説している記事もありますのでよかったら目を通してみてくださいね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次