カジノ

オンラインカジノは違法?合法?過去の逮捕・事件から分かる違法性のあるカジノ

オンラインカジノ違法合法

【2022年11月最新】最近よく耳にすようになった「オンラインカジノ」ですがこれって本当のところは違法なの?合法なの?と思っている人もいると思います。この記事では過去のオンラインカジノの逮捕・事件から分かる違法性のあるカジノも紹介しています。

オンラインカジノを利用する前に確認することをおすすめします。

にゃんこ

結論:オンラインカジノ自体に違法性は無いのですが、日本国内からオンラインカジノに接続してお金を賭ければ賭博になります。オンラインカジノで遊ぶ際は無料版や入金不要ボーナス等を利用し、お金を賭けずに楽しみましょう。

おすすめオンラインカジノ一覧
おすすめオンラインカジノランキングTOP34!人気のカジノを一覧で比較【2022年11月最新】おすすめオンラインカジノランキングTOP34を一覧で比較、紹介しています。初回入金ボーナス等も比較していますので、人気のオンラインカジノをお得に始める事が出来ます。オンラインカジノの最新情報も随時紹介中!...

オンラインカジノ=違法ではない!?

オンラインカジノ違法

オンラインカジノって本当は違法なんじゃないの?と決めつけている人も多いと思います。しかしきちんとライセンスの取得をしていて運営元がはっきりしているオンラインカジノは少なくとも違法ではありません。それぞれ説明します。

ライセンスの取得をしている

違法ではない合法のオンラインカジノは必ずライセンスの取得をしています。ライセンスとは国や政府が発行する運営許可証のことを言います。

ライセンスがないまま運営すると国や政府から許可されていないまま運営しているということになり違法とみなされます。よってライセンスを取得しているオンラインカジノは合法であると言えます。

ライセンスの記載はオンラインカジノのトップページに記載されているのでしっかり確認しましょう。

オンラインカジノライセンス一覧
マルタライセンス ラッキーニッキーなど
キュラソーライセンス ミスティーノなど
カナワケライセンス エルドアカジノなど
ジブラルタルライセンス カスモカジノなど
イギリスライセンス cashmioなど

信頼できる会社が運営している

違法オンラインカジノはどこで運営されているのか身元がはっきりしないことも多く怪しさ満載です。一方合法のオンラインカジノは下記のように安心できる会社で運営されていることがしっかりと記載されています。

このウェブサイトは、キュラソーの法律に基づいて登録番号150895で登録され、キュラソーのEコマースパークHeelsumstraat 51に登録事務所を持つCurisle N.Vによって運営されています。

引用:ミスティーノ

運営元が記載されていないオンラインカジノは違法性があるといえます。

日本には賭博制度がある

オンラインカジノ賭博制度

日本には賭博制度があり「偶然の勝敗により金銭や財物などを賭ける行為」をしたものに対して賭博罪という罪が適用されるように法律で定められています。

賭博罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」と規定されています(刑法第185条)。

引用:法律事務所つくばコム

無料で参加できるビンゴ大会やゴルフコンペなどは金銭などを賭けているわけではないので賭博にはなりません。2人以上で金銭や財物を賭けることを「賭博」になり、下記のような行為が賭博罪に該当する行為となります。

賭博罪に該当する行為

  • 賭け麻雀
  • 賭けゴルフ
  • 野球賭博
  • 賭け花札
  • 裏スロット
  • 裏カジノ

日本ではオンラインカジノは合法ではない

しかし、日本国内からオンラインカジノに接続してお金を賭ければ賭博になります。オンラインカジノで遊ぶ際は無料版や入金不要ボーナス等を利用し、お金を賭けずに楽しみましょう。

【違法】オンラインカジノの逮捕・事件

オンラインカジノ逮捕

オンラインカジノでの違法行為による逮捕・事件を2つ紹介します。

オンラインカジノの逮捕・事件

  • 日本国内で運営「ドリームカジノ」
  • インカジ(ネットカジノ)を経営していた

どちらも日本国内でオンラインカジノを運営したいたため逮捕された事件になります。日本国内でカジノを運営することは違法行為になるので、絶対に日本で運営しているオンラインカジノは利用しないようにしましょう。

日本国内で運営「ドリームカジノ」

2016年6月大阪府でオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営し、客と賭博行為をしたとして5名の運営関係者が逮捕された事件があります。海外で運営しているはずのオンラインカジノが一体なぜ逮捕されるまでに至ったのでしょうか。

ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。

引用:産経新聞

理由はオンラインカジノが合法とされているオランダ領キュラソー島で運営されていると記載されていたにも関わらず実際は大阪府で運営していたことが判明したためです。国内でオンラインカジノを運営することは合法ではありませんので逮捕されたというわけです。

にゃんこ

現在ドリームカジノは閉鎖されています。

1人は不起訴処分に!「スマートライブカジノ事件」

2016年3月に「単純賭博罪」の疑いでプレイヤー3人が逮捕される事件がありました。3人のうち2人は「略式起訴」を受け罰金を払うことで釈放されました。

しかし残りの1人は逮捕に納得がいかず裁判で争う形を取っています。裁判で弁護してくれた弁護士が当時の内容をブログに記載しています。

本件は,主たる地位にある一方当事者を処罰することができないにもかかわらず,これに従属する地位にある当事者を処罰することができるのか,という点が真の論点となる。

この点,大コンメンタール刑法には,正犯者が不可罰であるときに従属的な地位にある教唆者や幇助者を処罰することは実質的にみて妥当性を欠くので違法性を阻却させるべき,との記載がある。

賭博事犯において,胴元と客は教唆や幇助の関係にあるわけでないが,その刑事責任の軽重にかんがみれば,事実上従属する関係にあるといえる。

引用:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

担当弁護士の言い分は下記の通りです。

  • そもそも運営元ではなくプレイヤーのみを処罰することはできない
  • 運営元はライセンスを取得していてカジノが合法な国で運営されているので処罰の対象ではない
  • 賭博罪はプレイヤーではなく運営元を取り締まるための法律である

以上のことから検察側はプレイヤーを完全に有罪にするのは難しいと判断したため不起訴処分となっています。この事件はオンラインカジノ関係者やプレイヤーに大きな衝撃を与えました。

にゃんこ

スマートライブカジノはこの事件後にライセンスを剥奪されて閉鎖してしましました。

インカジ(ネットカジノ)を経営していた

2022年7月に長野県で違法賭博のネットカジノが運営していたとして主催者と客と見られる男性2人が逮捕される事件がありました。

警察は常習賭博の疑いで長野市の職業不詳・床井知也容疑者(33)を現行犯逮捕。
オンラインカジノの胴元として店内のパソコンを使って不特定多数の客にオンラインカジノで金銭をかけさせた疑いです。

引用:NBS長野放送

この事件では海外で運営されているオンラインカジノを利用して日本国内で店舗を設けて運営していたこと、不特定多数の人に金銭を賭けさせたことが問題になっています。日本では営業許可がない店舗を設けてのギャンブルは禁止されています。

インカジは闇カジノとも呼ばれていて違法なカジノとして認識されているので日本で店舗型のカジノを利用することは客として利用することも違法行為になります。

にゃんこ

闇カジノは絶対ダメ!

突然の閉鎖で出金できない【違法性のあるカジノ】

オンラインカジノ出金できない

数あるオンラインカジノのうち閉鎖してしまうオンラインカジノもあります。ここでは突然閉鎖してしまったため出金ができなかった違法性のあるオンラインカジノを紹介します。

怪しいオンラインカジノの利用はしないように見極めるようにしましょう。

閉鎖したオンラインカジノ

  • 夜逃げした横綱カジノ
  • たった4ヶ月で閉鎖したやまとベット
  • 人員不足で突然の閉鎖?!歓楽チュアリー

夜逃げした横綱カジノ

横綱カジノは2019年から運営を開始していましたが2021年の6月に突然閉鎖しています。登録ボーナスやログインボーナスなど豪華なボーナスが多くプレイヤーからは評判は良かったようですが、出金できなかったりログインできないなど閉鎖の前兆はあったようです。

プレイヤーの資金を全て持ち逃げする夜逃げのような形で閉鎖しており極めて違法性の高いオンラインカジノだったといえます。

たった4ヶ月で閉鎖したやまとベット

やまとベットは2020年の3月にオープンしましたが2020年の7月にたった4ヶ月で閉鎖してしまったオンラインカジノです。当初は新型コロナウイルスの影響で一時休業、入金できないとのことでした。

しかし、続けて48時間以内に出金の手続きをするようツイートしており慌てて出金手続きをした人も多いと思います。期限を過ぎた方には連絡がある旨記載されていますが本当のところはわかりません。もしかしたら未だに出金できていない方もいるかも知れません。

何にせよ突然閉鎖するオンラインカジノは違法性がある悪質なオンラインカジノだといえます。

人員不足で突然の閉鎖?!歓楽チュアリー

歓楽チュアリーは2021年7月に運営を開始しましたが2022年1月に突然サイトを閉鎖しています。閉鎖する直前などには人員不足などを理由に出金するのに時間がかかっている様子が伺えます。

そして突然の閉鎖後に出金できない人もいたようです。ボーナスや出金条件が良いとついつい入金してしまいがちですが別の目線から考えてみて少し怪しいと思ったほうが身のためかもしれません。

「オンラインカジノ」を謳った違法行為が増加

オンラインカジノ犯罪

「オンラインカジノ」というワードを身近に見かけるようになった今日このごろですが、「オンラインカジノ」を謳った違法な犯罪行為が増えてきています。そのような犯罪に巻き込まれないために実際似合った事件を2つ紹介します。

「オンラインカジノ」を謳った違法行為

  • オンラインカジノ広告でマルチ勧誘
  • 「投資すれば儲かる」詐欺のような違法行為

オンラインカジノ広告でマルチ勧誘

2022年9月に福岡県でオンラインカジノの広告に関するマルチ商法による勧誘で3人が逮捕される事件がありました。

オンラインカジノの広告に関する「マルチ商法」に勧誘する際に、ウソの説明で契約を結び返金にも応じなかったなどとして、福岡県に住む男女3人が逮捕されました。

引用:RKBオンライン

オンラインカジノの広告宣伝を行う際に新たに会員を登録させて契約させる際に嘘の説明をしてクーリングオフなどの返金にも対応しなかったとのことです。これまでに1万5000人から総額62億円を集めていたとして逮捕されています。

オンラインカジノ=儲かると思わせて騙している違法行為が増えています。

「投資すれば儲かる」詐欺のような違法行為

2021年10月千葉県でオンラインカジノの宣伝のための広告に投資すれば儲かるなどと勧誘してお金を騙し取ったとして2人の男が逮捕される事件がありました。

「オンラインカジノを宣伝するネット広告に投資すればもうかる」などとSNSで勧誘し、違法に金を集めたとして、埼玉県警が男2人を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕していたことがわかった。

引用:売読新聞

20第~40第の女性8人から合計550万円を騙し取った疑いがありその後起訴されています。上手い話には裏がありますのでこのようなオンラインカジノを謳った詐欺のような話には乗らないようにしましょう。

オンラインカジノ違法・合法のよくある質問

結局オンラインカジノは違法ですか?合法ですか?

オンラインカジノ自体に違法性はないのですが、日本国内からオンラインカジノに接続してお金を賭ければ賭博になります。オンラインカジノで遊ぶ際は無料版や入金不要ボーナス等を利用し、お金を賭けずに楽しみましょう。

違法カジノを利用したらどうなりますか?

違法カジノを利用した場合「賭博罪」に問われることになり逮捕、刑罰の対象になります。ライセンスの取得がない・運営元がはっきりしない・日本国内で運営しているなどのオンラインカジノでは絶対に遊ばないように注意して下さい。

日本でオンラインカジノが合法になるのはいつですか?

日本でオンラインカジノをプレイする行為は合法ではありません。今後オンラインカジノをプレイする行為が合法になることは未定です。

エルドアカジノバナー ng